忍者ブログ
ニコニコで連載中のまぎます。のデッキレシピや解説などをだらだらと。
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


この動画のダウンロード:一般エコノミープレミアム Posted with NicodavGen on 2009.09.01


どもー。
パソ子さんの最後の作業でした。
一応4話のプロットだけは作成してるのでそちらは新パソコンことパソ美さんに頑張って貰おうかなと思います。

さて。
コメントでありましたが、『翻弄する魔道士はスタックを用いないので稲妻を唱える機会が無いのでは』という指摘がありました。

……あ。
もしかして、やっちゃった?

整理してみます。

翻弄する魔道士は『場に出るに際し』と言う能力。
場に出る時に言っちゃうのでスタックに乗りません。
スタックに乗るのは誘発型能力と言われる類のもの。
つまり『~した時に』と言う書き方です。
これは「場に出るに際し」と言う書き方なのでそれは当てはまりません。
ただ、その点は大丈夫…場に出るのに対応して打ってるんで…あ。

……あー……OTZ
すみません、確かにこれはうp主と千早の勘違いです。

どう勘違いしていたかと言うと
『翻弄する魔道士を唱えた時にに禁止するカードを指定する』
と言う事。
これ、微妙な差異ですが割と違いまして…。

どう違うかと言うと、
勘違いの時だと
1・『魔道士を唱える。その時に稲妻を禁止する』と宣言して、
2・『魔道士が実際に場に出る』までにタイムラグが出来ます。これだとその間に
3・真の様に稲妻を撃つことも出来ますし、打ち消しを指定しても魔道士自体を打ち消せます。


本来は『翻弄する魔道士がスタック上にある間は禁止カードの指定はしない』、おそらくこっちかと。

どう違ってくるのか…

1・『魔道士を唱える』
この時点でカードの指定はされていませんので、対戦相手はこの時点で呪文を撃つかどうかを決めなくてはいけません。
2・『魔道士が場に出ると同時に呪文が禁止される』
こうなるともう指定された呪文は撃てません。

ここに『相手はどのカードを指定するのか』などの読み合いが生まれると思うのです…が。
今回、千早は前者の様に『プレイするときに禁止するカードを宣言し』、結果的に真を誘導した訳です。

悪意がある訳ではないですがこういうプレイは悪質なので皆様は真似をしないようお願いします。

もしその勘違いを知っていたら千早は半泣きで真にフルアタック、あずささんが光輪(ルーンの光輪)を唱えるのに対応で稲妻(こちらも場に出るに際し、ですが指定内容は分かりきってますので)→溶岩崩れ→翻弄(指定:火山の流弾)→大筋は動画…と言う流れか、

千早動かず→あずさ光輪、対応稲妻→溶岩崩れ後にフルアタック…という流れのどちらかになっていたかと。これ、問題は前者は結果自体は問題ありませんが後者だと結果が変わりかねないと言う事です。

本当にごめんなさい、としか言えません…。
気をつけてはいたんですがすっかり勘違いしていました。

これからはこう言った事が無いように更なる精進をしたいと思いますので、どうか今後とも拙作にお付き合いくだされば幸いです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[07/28 七下夜月]
[04/18 NONAME]
[02/05 やじ]
[02/05 なめ中]
[02/04 やじ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア
フリーエリア